レモンたっぷり!ウィークエンドシトロンのレシピ【レモンケーキ】

EAT

こんにちは。おいなり夫婦です。

旅行とごはんが大好きなおいなり夫婦が、世界の美味しい料理レシピを紹介する「ワールドキッチンサテライト」シリーズ。

第2回は、フランスの定番お菓子、ウィークエンドシトロンをご紹介します。

レモンの酸味が効いた大人のケーキになっています!

★調理時間:30分 焼き時間:40分★

材料はコレ!

まずは必要な材料を用意します。

材料(パウンドケーキ型1本分)

少ない材料で作れます!

・バター…100g
・卵…2個
・小麦粉…90g
・アーモンドプードル…30g
・砂糖…85g
・レモン…1個
・粉砂糖…30g

レモンは果汁と皮を使いますので、ノーワックスや防カビ剤不使用のものを使いましょう。

小麦粉とアーモンドプードルは、一緒にふるいにかけるので同じ器に計量しています。

大人の味!甘酸っぱいウィークエンドシトロンのレシピ

それでは、ウィークエンドシトロンのレシピをご紹介します。

作業工程の写真も載せていますので、まずは記事を読んでイメージを膨らませてみてくださいね。

 ・レモンの皮をまるまる1個分すりおろしておきます
 ・バターは常温にするか、レンジに20秒ほどかけて、柔らかくします
 ・パウンドケーキ型に予めクッキングシート等を敷いておきます
 ・オーブンを180度に予熱します

1. バターをクリーム状にして砂糖と混ぜる

柔らかくなったバターをボウルに入れ、泡立て器でよく混ぜます。白っぽくなるまで混ぜていきます。

続けて砂糖を全て加えて、ふんわりとモコっとするまで混ぜます

※もしバターが柔らかくなりすぎてしまった場合は、冷蔵庫で5-10分ほど休ませて混ぜることを繰り返すと、程よい硬さになります。

2. 卵を少しずつ加える

卵をほぐし、ボウルに少しずつ加えて混ぜていきます。

こちらもふわっとするまでよく混ぜます分離してしまっても、粉類を入れると落ち着くので、気にせずどんどん混ぜましょう。

3. レモンの皮とレモン汁を加える

すりおろしたレモンの皮と、レモン汁大さじ1ほどを加えて、軽く混ぜます。

今回は皮が緑色のレモンを使いました♪

4. 粉類をふるって生地に混ぜる

ボウルに、小麦粉とアーモンドプードルをふるいながら加えていきます。

泡立て器である程度まで混ざったら、ヘラに持ち替えてさっくりと混ぜていきます。

※粉は、予めふるっておいてもOKです。

5. 型に生地を流し込み、180度で40分ほど焼く

パウンドケーキ型に生地を流し込み、180度に熱したオーブンで40分ほど焼きます

竹串などを中心に刺して、生地がついてこなければ焼き上がりです。

オーブンによって焼き時間は差がありますので、最初は35分など少し短めの時間で設定し、様子を見つつ焼き時間を足していくのが良いですよ。

綺麗に焼けました!

焼きあがったら型から出して、粗熱を取ります。

6. シュガーグレーズを作る

粉砂糖にレモンの搾り汁大さじ1弱を混ぜ、シュガーグレーズを作ります。

この分量だと、かなりレモンの酸味が強いシュガーグレーズになりますので、酸っぱい味が苦手な方はレモン汁を少し減らしてください。

またこの時に、お好きなリキュールや洋酒を小さじ0.5ほど混ぜると、香り高くより大人っぽい風味になります!

グレーズが大人の味を決めます

7.ケーキにシュガーグレーズを塗る

粗熱が取れたケーキにシュガーグレーズをたっぷり塗って完成です♪

ポイントはココ!

最後に、ウィークエンドシトロンを作る際のポイントをご紹介します。

これでばっちり!ウィークエンドシトロンのポイント

 ・バターはしっかり混ぜよう!
 ・レモンの皮は削りすぎに注意しよう!
 ・アーモンドプードルでリッチな風味にしよう!

バターは手早くしっかり泡立てることで、ふわっとした食感のケーキになります。

レモンの皮は、表面の色のついた部分の下に、白く綿のようなふわふわした部分があります。

この白い部分は苦みが強いので、大量にすりおろしてしまうと苦みが強くなってしまうため注意します。

黄色い皮の色が(今回のレモンは皮が緑色の品種でした)、僅かに残っているかどうかくらいのすりおろし量を意識してみてください。

また、リッチな風味に仕上げるために、アーモンドプードルの割合を少し多くしています。

もちろん、減らして小麦粉に置き換えることも可能ですが、口当たりや香りが豊かになりますので、ぜひアーモンドプードルを使ってみてください

補足:砂糖について

お菓子作りにはグラニュー糖が使われることが多いですが、やはり精製糖(白い色の砂糖)は健康への影響が拭いきれません。

自宅で作るなら体に良いものを、ということで、おいなり家ではてんさい糖やきび砂糖を使うようにしています

分量は、グラニュー糖の量をそのまま置き換えてしまえばOKです。

メレンゲや生クリームの純白を死守したい!という時以外は、茶色いお砂糖でも何ら問題ありませんよ!

(そして手作りケーキにおいてそんなタイミングは訪れたことがありません。笑)

使い勝手は特に変わらず、きび砂糖などキメの細かい砂糖の場合は溶けやすく馴染みやすいというメリットもあります。

味は若干まろやかになります。ぜひ試してみてくださいね☆

まとめ

大人味のウィークエンドシトロン、いかがだったでしょうか?

焼き菓子は数日間常温で保存可能です。ティータイムに、朝食の一コマに、美味しい飲み物と一緒に味わってみてください。

今後もおいしくて体に良いレシピをたくさんご紹介していきますので、お楽しみに!

他の国のお菓子も気になる方は、ぜひリンク先をチェックしてみてください♪

コメント